この記事を書いた人
はりたさん
電気設備に関する自身の経験・失敗・体験を基にわかりにくい電気設備の設計・施工に関する情報を発信しています!
\ Follow me /
接地設備の設計 PR

接地設備の設計|D種接地工事について

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
この記事のカテゴリー

設置場所

D種接地工事 300V以下の機器

 

接地線サイズ一覧表

D種接地工事
過電流遮断器の定格電流 接地線の太さ
30 A以下 1.6 ㎜以上
50 A以下 2.0 ㎜以上
100 A以下 5.5 ㎟以上
150 A以下 ㎟以上
200 A以下 14 ㎟以上
400 A以下 22 ㎟以上
600 A以下 38 ㎟以上
800 A以下 60 ㎟以上
1000 A以下 60 ㎟以上
1200 A以下 100 ㎟以上



文献による内容

  • 電技解釈第17条第4項

D種接地工事は、300V以下の低圧用機器の金属製外箱等の接地など、漏電の際に、簡単なものでも接地工事を施してあれば、これによって感電等の危険を減少させることがでいる場合に施すものであり、接地抵抗値は100Ω以下。

  • 機械的強度

引張り強さ0.39kN以上の金属線または直径1.6mm以上の軟銅線

関連記事

この記事のカテゴリー