この記事を書いた人
はりたさん
電気設備に関する自身の経験・失敗・体験を基にわかりにくい電気設備の設計・施工に関する情報を発信しています!
\ Follow me /
高圧受電設備規程 PR

受変電設備の設計|認定キュービクルの改造可否の判断手順について詳しく解説

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

 

どこからが改造?

 

今回の疑問

 

認定キュービクルの改造って可能なの?

 

結論

改造は可能です。

ですが改造を行う際の内容は検討と協議を行う必要があります。

  • 同じ規格のブレーカー、計器類の取り換えであれば更新とみなされ交換が可能
  • ブレーカーの容量、個数、メーカーの変更であれば仕様が変わるため不可
  • 製造元の盤メーカーに変更点を確認し認定品の基準を満たしているかの確認が必要

あにまるさん
あにまるさん
今日はキュービクルの改造工事だー

あにまるさん
あにまるさん
ん…キュービクルに認定品って書いてあるプレートが張ってるぞ?

はりた
はりた
それは認定キュービクルだね!特定の条件を満たしたときに使用できるキュービクルだから安易に改造はできないから注意しよう!



この記事のカテゴリー



この記事に書かれていること

この記事でわかること・おすすめの方

認定キュービクルの改造の可否について調べている方

認定キュービクル改造の範疇について調べている方

認定キュービクル改造した場合について調べている方

 

改造の可否については?

既設キュービクルに[認定品]と記載された銘板が取り付けてあった場合、盤メーカー及び所轄の消防と協議を行えば可能です。(条件あり)

 

認定キュービクルのメリットは?
  • 非常電源専用受電設備の適用
  • 建物との離隔距離の緩和

 

改造についての記述は?

認定キュービクル本体に記載されています

「このキュービクル式非常電源専用受電設備は認定品であり、このキュービクルを増設・減設・改造するときは、必ずキュービクル製造業者と事前協議してください。またこのキュービクルは、消防法に基づく非常電源であり、所轄消防署と事前協議を行い、改造内容や届出等の指示を受けてください」

 



 

キュービクルの改造

キュービクルの改造について

とある現場の改修工事において、負荷の増設、危機の老朽化等により既設キュービクルの改造が必要となりました。既設のキュービクルを確認したところ[認定品]と記載された銘板が取り付けてあったのですが、キュービクルの改造は可能でしょうか。

図面の認定キュービクル記載例図面の認定キュービクル記載例

認定品の改造について

認定品の改造について

既設キュービクルに[認定品]と記載された銘板が取り付けてあった場合、盤メーカー及び所轄の消防と協議を行えば可能ですが…改造内容が限定的であり多くの場合で不可能の場合が多いです。

理由は、[認定品]銘板が取り付けてあるキュービクル(以下認定キュービクル)は、改造を行うと認定品の規格から外れ非常電源専用受電設備また建物との離隔距離の適用受けることができなくなる場合が多いためです。

分布

キュービクル認定品による利点
  • 非常電源専用受電設備の適用
  • 建物との離隔距離の緩和

 

あにまるさん
あにまるさん
認定品だからこれらが適用可能なのか!?

はりた
はりた
キュービクルの規格で認定品の適用を受けているから改造するとこれらの適用も受けれなくなる可能性があるんだよ!

認定キュービクルを改造した場合の銘板取り消し認定キュービクルを改造した場合の銘板取り消し

ラベルによる注意書き

あにまるさん
あにまるさん
キュービクル改造がだめってどこかに書いているのかい?

はりた
はりた
認定キュービクルには、正面扉の裏面に次のようなラベルが貼付されているんだよ

「このキュービクル式非常電源専用受電設備は認定品であり、このキュービクルを

増設・減設・改造するときは、必ずキュービクル製造業者と事前協議してください。

またこのキュービクルは、消防法に基づく非常電源であり、

所轄消防署と事前協議を行い、改造内容や届出等の指示を受けてください」

あにまるさん
あにまるさん
改造するときは事前協議くださいって書いてあるな・・・

はりた
はりた
非常電源として適用しているから所轄の消防署とも協議が必要だよ

一般社団法人日本電気協会のキュービクル式

非常電源専用受電設備認定委員会より

キュービクル式非常電源専用受電設備が消防法上の技術基準に適合していることを認定し、消防用設備等の非常電源を確実に確保することを目的として、昭和50年10月に発足した委員会のホームページ内の”キュービクル式非常電源専用受電設備認定制度のご紹介”にも改造した際の回答が記載されています。

出典:(キュービクル式非常電源専用受電設備認定制度のご紹介(パンフレット))より



キュービクル製造業者と事前協議

あにまるさん
あにまるさん
製造業者とはどんな協議を行えばいいんだい?

はりた
はりた
今回行う改造が認定品の規格に適合するのか確認が必要なんだよ

  • キュービクルの製造業者との主な確認内容は下記になります。
  • 同じ規格のブレーカー、計器類の取り換えであれば更新とみなされ交換が可能です
  • ブレーカーの容量、個数、メーカーの変更であれば仕様が変わるため不可です
  • 製造元の盤メーカーに変更点を確認し認定品の基準を満たしているかの確認が必要になります



所轄消防署と事前協議

あにまるさん
あにまるさん
所轄の消防署とも協議が必要なのか?

はりた
はりた
協議というより報告に近いね!改造を行った場合、その旨と認定品の適用に問題がないことを報告しておこう!

・改造の内容及び認定品の基準を満たす旨を報告し保安上問題ないか協議を行います。

認定品の規格内での改造が可能な場合、消防に変更の旨を報告し、無断での改造を行わないよう注意が必要です。

盤メーカーの注意事項

盤メーカーのカタログにも注意書きとして改造を行う際は、事前協議を行うように記載されています。

認定キュービクルの増減設・改造

●手続き

a.認定キュービクルは消防庁告示基準に適合する非常電源であり、製造者は出荷時点での回路条件等により認定基準・設計基準により制作し、認定銘板を貼付し納入するものです。

b.従って納入後に増設・減設又は改造する場合には認定基準に適合するように再検討が必要となります。すなわち‘’保護協調はよいか‘’、‘’非常電源に対する影響はどうか‘’等、認定基準等にてらしての検討が必要であり、必ず製作者と事前に協議してください。

c.ユーザーはその内容により所轄消防署と協議をし、その指示のもとに増減設・改造の工事に着手することになります。

出典:(中立電機HP)より

設計時にはこう書こう!

将来増設を想定して設計しよう!

設計時に認定キュービクルを選定する場合は将来の改修を考慮して予備ブレーカーを設置しておくと負荷が増えた場合でも予備ブレーカーに接続するのみとなるため認定キュービクルの改造に該当せずまま使用することが可能です。



まとめ

認定キュービクルの改造について

  1. 認定キュービクルは、消防法施行規則第12条の規定に基づくキュービクル式受変電設備の基準(昭和50年、消防庁告示第7号)に適合しているものである。
  2. 構造性能等の技術的な審査、使用機器、材料の規格適合などについて(社)日本電気協会が認定を行ったものが認定品として適用を受ける。
  3. 改造する場合には、メーカーと技術面及び保安面について事前協議を行うと共に所轄の消防署の指導を仰ぐことが必要となる。

改造とならないもの

  • 同一メーカーの同一規格(形式、定格電流、フレーム容量が同一のもの)の機器交換

改造となるもの

  • 機器の容量変更
  • 型式の異なる器具への交換等

また、全く同一の製品と交換する場合にも念のためキュービクルメーカーに照会しておくことが賢明です。『認定品』という規格と取っている以上規格から外れる改造は、『認定品』でなくなるという認識が必要です。