この記事を書いた人
はりたさん
電気設備に関する自身の経験・失敗・体験を基にわかりにくい電気設備の設計・施工に関する情報を発信しています!
\ Follow me /
受変電設備の設計 PR

受変電設備の設計|ダイヤル温度計の使用用途と設置場所について詳しく解説

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

 

変圧器版体温計

 

今回の疑問

 

ダイヤル温度計って何?

使用用途と設置基準について知りたい!

 

あにまるさん
あにまるさん
変圧器にダイヤル温度計って書いてあるけどこれは何なんだ?

はりた
はりた
変圧器の温度を測定するための機器だね!

あにまるさん
あにまるさん
絶対に必要なものなのかい?

はりた
はりた
法的な拘束はなくオプションとしての物になるよ

あにまるさん
あにまるさん
どんな時に必要なんだ?

はりた
はりた
それじゃあ使用用途と設置基準について解説しよう!
本記事のおすすめの方
  • ダイヤル温度計の用途が気になる方
  • 主な設置場所について知りたい方
  • 機器の規格について知りたい方
本記事でわかること
  1. ダイヤル温度計の設置基準
  2. ダイヤル温度計の使用用途
  3. ダイヤル温度計のコスト
この記事のカテゴリー

クイックトピックス

ダイヤル温度計の設置の目的は?

ダイヤル温度計の主な用途としては、トランス(変圧器)の故障対策になります。負荷の稼働率上昇に伴い機器本体の温度が上昇していきますが、トランスのみでは、温度上昇を測ることができないため、ダイヤル温度計を取り付けます。

ダイヤル温度計の設置基準は?
  1. ダイヤル温度計は変圧器の温度異常を検出するために用いる
  2. 法的な設置義務はない
  3. 過負荷の可能性、施設としての重要度を確認し設置検討
  4. 1台当たり十数万程度の機器費がかかるため不要であればコストの低減が可能





ダイヤル温度計とは

ダイヤル温度計とは

ダイヤル温度計は下図のように円形の温度指示部と棒状の感温部から成っています。温度指示部と感温部は導管で接続されているので、キュービクルに変圧器を収納した場合、温度指示部のみを変圧器から外して盤前面に取り付けることもできます。この温度計は次の機能を持っています。



ダイヤル温度計の設置目的

点検としての活用

変圧器の温度の確認

 

1) 通常の温度指示…変圧器の日常点検で変圧器の温度を確認します。

 

受変電設備等に組み込むトランス(変圧器)は稼働状況により機器温度が上昇します。特に過負荷となるとトランスの定格温度以上になる場合があり故障の原因となるため警報により温度以上が確認できるよう取り付けます。

あにまるさん
あにまるさん
温度計っていうくらいだから変圧器の温度を確認するんだな!

はりた
はりた
変圧器は過負荷になると本体の温度が上昇してしまい故障の原因になってしまうんだよ!




警報出力としての活用

異常温度を外部に出力する

2) 警報接点…ダイヤル温度計自身にアラームなどは付属していませんが、任意温度にセットできる警報接点を持っていますので、外部にランプやブザーなどを備えることで警報を発することができます。

  • ダイヤル温度計だけでは設置されている現地に赴き直接目視確認を行うしか点検方法がないため、一時的に温度以上が起きた場合や、異常な温度上昇の際に早急な対応を行うことができません。
  • ダイヤル温度計を取り付けた場合は、管理室などに警報盤を設けアラームを出せるようにしておく必要があります。



あにまるさん
あにまるさん
確かにダイヤル温度計付の場合、警報盤に出力しているな!

はりた
はりた
警報ごとに配線するとコストもかかるから一般的にはキュービクル異常の一括警報を出力する場合が多いね!

目視で最高温度を確認する方法

最高指針を付ける

3) 最高指針…オプションで、最高温度の指針をつけることができます。一時的な温度上昇を見分けることができます。

オプションとして最高指針を取り付けることで、ダイヤル温度計本体側でも一時的な温度上昇を確認することが可能になります。

ダイヤル温度計の用途

ダイヤル温度計の主な用途
  • ダイヤル温度計の主な用途としては、トランス(変圧器)の故障対策になります。負荷の稼働率上昇に伴い機器本体の温度が上昇していきますが、トランスのみでは、温度上昇を測ることができないため、ダイヤル温度計を取り付けます。
  • トランスの温度測定方法として下記項目がありますが、施工性・メンテナンス性を考慮した場合ダイヤル温度計が優れているため、一般的にダイヤル温度計の取り付けが検討されています。

トランスの温度測定方法

  1. 棒状温度計(警報を取り出せない)
  2. ダイヤル温度計(警報を取り出せる)
  3. 低圧母線の負荷電流(サーマルリレーによる警報を取り出せる

 



ダイヤル温度計設置の判断方法

設置建物の用途を確認する

設置を推奨する建物

  • 工場
  • 病院
  • 商業施設
  • 公共の施設など

などの負荷の変動が大きい場所や施設としての重要度が高い場所には設置を検討しましょう。

設置のポイント

変圧器の故障の可能性及び故障時の施設としての重要度を考えて設置しましょう。

  • 工場(負荷増設の可能性がある)

初期の設計時より機器増設の可能性があるため設置を検討しましょう

  • 病院(変圧器故障時のリスクを抑える)

施設としての重要度が高く変圧器故障による停電のリスクを下げるために設置を検討しましょう

  • 商業施設(変圧器故障時のリスクを抑える)

施設としての重要度が高く変圧器故障による停電のリスクを下げるために設置を検討しましょう

  1. ダイヤル温度計は変圧器の温度異常を検出するために用いる
  2. 法的な設置義務はない
  3. 過負荷の可能性、施設としての重要度を確認し設置検討
  4. 1台当たり十数万程度の機器費がかかるため不要であればコストの低減が可能




ダイヤル温度計の設定方法

ダイヤル温度計の設定方法

ダイヤル温度計の温度設定値は、任意になりますが設定例を下記に示します。

トランス(変圧器)設置場所の周囲温度(許容値)にトランスの許容温度上昇値を足した値が、変圧器の許容温度となり許容温度以上にならないようダイヤル温度計の警報出力温度を設定します。

ここにボックスタイトルを入力

変圧器の許容温度は周囲温度+変圧器の許容温度上昇値となります。

(許容周囲温度)+(変圧器の許容温度上昇値)

=40+55=95°C

となり95℃が変圧器の許容温度上昇値となります。この温度を超えないよう、ダイヤル温度計の設定を行い警報出力が出せるようにします。

ダイヤル温度計の設定を~85℃等に設定し

変圧器の温度上昇時に警報信号を取り出すことができます。

関連記事

この記事のカテゴリー

まとめ

ダイヤル温度計の使用用途と設置場所

ダイヤル温度計の設置目的

  • 1) 通常の温度指示…変圧器の日常点検で変圧器の温度を確認します。
  • 2) 警報接点…ダイヤル温度計自身にアラームなどは付属していませんが、任意温度にセットできる警報接点を持っていますので、外部にランプやブザーなどを備えることで警報を発することができます。
  • 3) 最高指針…オプションで、最高温度の指針をつけることができます。一時的な温度上昇を見分けることができます。

設置場所の検討方法

  • 工場(負荷増設の可能性がある)
  • 病院(変圧器故障時のリスクを抑える)
  • 商業施設(変圧器故障時のリスクを抑える)

設置検討のポイント

  1. ダイヤル温度計は変圧器の温度異常を検出するために用いる
  2. 法的な設置義務はない
  3. 過負荷の可能性、施設としての重要度を確認し設置検討
  4. 1台当たり十数万程度の機器費がかかるため不要であればコストの低減が可能