この記事を書いた人
はりたさん
電気設備に関する自身の経験・失敗・体験を基にわかりにくい電気設備の設計・施工に関する情報を発信しています!
\ Follow me /
受変電設備の設計 PR

受変電設備の設計|油入変圧器とモールド変圧器の違いと選定方法について詳しく解説

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

 

変圧器は、これで決める

 

今回の疑問

 

油入変圧器とモールド変圧器の違いってなに?

 

 

結論

各々の特長は次表になります。

項目 油入 モールド
メンテナンス 油の劣化診断 なし
冷却方式 油冷却 空気冷却
燃焼性 可燃性 難燃性
大きさ 大きい(モールドに対し)
消火設備 容量により特殊消火が必要 容量にかかわらず大型消火器
使用場所 屋内・屋外 屋内・屋外(条件付き)
価格 安価(モールドに対し)

基本仕様としては安価で設置条件の少ない油入を採用します。

あにまるさん
あにまるさん
変圧器に油入って書いてあるけど、どうゆう意味なんだ?

はりた
はりた
それは変圧器の仕様だね!

あにまるさん
あにまるさん
こっちの図面にはモールドって書いてあるけど何が違うんだ?

はりた
はりた
設置場所や性能によって使い分けが必要だよ!二つの仕様の違いについて解説しよう!

本記事の内容

今回は変圧器の仕様であるモールドと油入について解説したいと思います。単線結線図に油入(若しくはモールド)と書かれているけど仕様の違いは何なの?といった方や設置基準や選定方法はあるの?といった方におすすめの内容となっておりますのでぜひ最後までよろしくお願いいたします。

本記事のおすすめの方

  • 油入とモールドの違いを知りたい方
  • 選定方法を知りたい方
  • 価格比較の検討を行っている方など
この記事のカテゴリー

クイックトピックス

油入とモールドの主な違いは?
項目 油入 モールド
規格 JIS C 4304 JIS C 4306
メンテナンス 油の劣化診断 なし
絶縁方式 紙・鉱油 エポキシ樹脂
冷却方式 油冷却 空気冷却
燃焼性 可燃性 難燃性
大きさ 大きい(モールドに対し)
消火設備 容量により特殊消火が必要 容量にかかわらず大型消火器
使用場所 屋内・屋外 屋内・屋外(条件付き)
価格 安価(モールドに対し)
油入のメリットは?
  • 冷却効果が優れている(油による冷却)
  • 価格が低い
  • 納期が早い
油入のメリットは?
  • 定期的な絶縁油の交換が必要
  • サイズ、重量が大きくなる
  • 油のため燃焼の可能性がある(消火設備への影響)
モールドのメリットは?
  • 機器の定期的なメンテナンスが不要
  • サイズ、重量が小さい
  • 安全性が高い(燃焼の可能性が低い)
モールドのデメリットは?
  • 屋外に設置する場合キュービクルに条件が出てくる(結露対策)
  • 価格が高い
  • 納期が遅い

 





油入とモールドの違いと選定のポイント

あにまるさん
あにまるさん
まず2つの仕様違いはあるのか?

はりた
はりた
次表に比較してみたから知りたい項目を確認してみよう!

項目 油入 モールド
規格 JIS C 4304 JIS C 4306
メンテナンス 油の劣化診断 なし
絶縁方式 紙・鉱油 エポキシ樹脂
冷却方式 油冷却 空気冷却
燃焼性 可燃性 難燃性
大きさ 大きい(モールドに対し)
消火設備 容量により特殊消火が必要 容量にかかわらず大型消火器
使用場所 屋内・屋外 屋内・屋外(条件付き)
価格 安価(モールドに対し)

はりた
はりた
なにか気になった項目はあるかな?

あにまるさん
あにまるさん
設置場所と価格かな~

はりた
はりた
いいところに気が付いたね!選定のポイントだから抑えておこう!



設置場所について

近年の受変電方式としてはキュービクル式を採用されていることがほとんどのため油入、モールド変圧器のどちらも採用可能ですが、モールド変圧器を選定する際は下記の点について注意する必要があります。

  1. 暴風雨時でも吸気口、排気口などから侵入した雨水が変圧器にかからない構造としてください
  2. 直射日光がモールドコイルに当たらぬようにガラスまたはアクリル板などで直射日光をさえぎってください。
  3. 夏期にはキュービクル内の温度が上昇しますので、換気を十分に行い、変圧器の周囲温度は40℃以下になるよう配慮してください。

出典:(モールド変圧器:日立産機システム (hitachi-ies.co.jp))より

あにまるさん
あにまるさん
なんでモールドは、屋外で使うときに条件があるんだ?

はりた
はりた
屋外だと結露や雨水による感電の危険性が上がるからだね

あにまるさん
あにまるさん
それは油入でも同じじゃないのか?

はりた
はりた
モールドはコイルの部分が露出しているから水がかかったりすると危険なんだよ

あにまるさん
あにまるさん
じゃあモールドは高いし使うところはないんじゃないか?

はりた
はりた
もちろんモールドにも使用する利点があるよ!各々のメリット・デメリットについて解説しよう!



油入とモールドの選定方法

出典:(配電用油入変圧器 製品一覧 配電用変圧器 | 三菱電機 FA (mitsubishielectric.co.jp))より

油入変圧器のメリット・デメリット

油入のメリット
  • 冷却効果が優れている(油による冷却)
  • 価格が低い
  • 納期が早い
油入のデメリット
  • 定期的な絶縁油の交換が必要
  • サイズ、重量が大きくなる
  • 油のため燃焼の可能性がある(消火設備への影響)

はりた
はりた
油入式は価格も低いため多くの施設で選定されているよ



モールド変圧器のメリット・デメリット

出典:(配電用モールド変圧器 製品一覧 配電用変圧器 | 三菱電機 FA (mitsubishielectric.co.jp))

モールドのメリット
  • 機器の定期的なメンテナンスが不要
  • サイズ、重量が小さい
  • 安全性が高い(燃焼の可能性が低い)
モールドのデメリット
  • 屋外に設置する場合キュービクルに条件が出てくる(結露対策)
  • 価格が高い
  • 納期が遅い

はりた
はりた
モールドの利点は油を使用しない分省スペースで軽量化を図ることができます。

油入とモールドのサイズ早見表

単相変圧器 6kV-210/105V 三菱電機 Rシリーズより

容量 Hz 油入 モールド
重量 X Y Z 重量
50 50 490 540 740 245 525 515 830 290
75 605 520 915 330 590 530 860 350
100 615 560 1010 405 530 520 870 390
150 670 580 1060 500 595 565 915 470
200 735 640 1060 610 625 570 1020 600
300 790 625 1230 805 670 595 1190 880
500 945 725 1430 1370 860 725 1225 1130
 
50 60 490 540 740 240 525 505 830 270
75 605 520 915 325 590 515 860 320
100 615 560 1010 400 530 515 870 370
150 670 580 1060 495 595 555 915 430
200 735 640 1060 605 625 560 1020 550
300 790 625 1230 800 670 580 1190 800

はりた
はりた
小さい容量の場合モールドのほうが大きくなるので注意しておこう!



三相変圧器 6kV-210V 三菱電機 Rシリーズより

容量 Hz 油入 モールド
重量 X Y Z 重量
50 50 550 495 760 280 620 400 710 260
75 790 505 915 395 735 470 820 400
100 820 510 1010 480 735 470 820 410
150 815 550 1040 640 810 550 905 590
200 900 550 1070 760 900 560 945 740
300 985 615 1205 1060 930 585 1020 910
500 1150 665 1300 1530 1125 620 1190 1420
 
50 60 550 495 760 275 620 400 710 230
75 790 505 915 390 735 455 820 340
100 820 510 1010 475 735 455 820 350
150 815 550 1040 635 810 550 905 500
200 900 550 1070 755 900 550 945 620
300 985 615 1205 1050 930 565 1020 790
500 1150 665 1300 1520 1125 600 1190 1220

出典:(油入変圧器カタログ(三菱電機))より

出典:(モールド変圧器カタログ(三菱電機))より

あにまるさん
あにまるさん
設置スペースが限られているところはモールドで検討知ればいいんだな!

はりた
はりた
そうだね!設置場所とコストを考えながら選定するようにしよう!



関連記事

この記事のカテゴリー

まとめ

油入とモールドの違いと選定のポイント

油入モールドの主な違い

項目 油入 モールド
メンテナンス 油の劣化診断 なし
冷却方式 油冷却 空気冷却
燃焼性 可燃性 難燃性
大きさ 大きい(モールドに対し)
消火設備 容量により特殊消火が必要 容量にかかわらず大型消火器
使用場所 屋内・屋外 屋内・屋外(条件付き)
価格 安価(モールドに対し)

選定のポイント

コスト

  • 価格を考慮する場合油入のほうが安価となる

設置場所

  • 油入は設置場所により条件はないがモールドの場合キュービクル仕様に条件あり

寸法

  • 設置場所のスペースが限られてる場合、モールドのほうが寸法・重量ともに小さくなる

※サイズによっては油入方が小さい場合があるので注意する

可燃性

  • 油入は機器に油を含んでいるため周囲に発火性の物がある場所は検討を行う

 

モールドを屋外に設置する場合の条件

  1. 暴風雨時でも吸気口、排気口などから侵入した雨水が変圧器にかからない構造としてください
  2. 直射日光がモールドコイルに当たらぬようにガラスまたはアクリル板などで直射日光をさえぎってください。
  3. 夏期にはキュービクル内の温度が上昇しますので、換気を十分に行い、変圧器の周囲温度は40℃以下になるよう配慮してください。

油入のメリット

  • 冷却効果が優れている(油による冷却)
  • 価格が低い
  • 納期が早い

油入のデメリット

  • 定期的な絶縁油の交換が必要
  • サイズ、重量が大きくなる
  • 油のため燃焼の可能性がある(消火設備への影響)

モールドのメリット

  • 機器の定期的なメンテナンスが不要
  • サイズ、重量が小さい
  • 安全性が高い(燃焼の可能性が低い)

モールドのデメリット

  • 屋外に設置する場合キュービクルに条件が出てくる(結露対策)
  • 価格が高い
  • 納期が遅い